• 開業を経験された司法書士様の
    体験談をご紹介いたします。


  • 吉村 一明 様
  • 『 吉村司法事務所 』
  • ■開業地:広島市安芸区
    ■合格年度:平成20年 ■開業年度:平成27年
    ■ホームページ:http://yoshimura-shihou.com/index.html
  • 士業は地域のインフラであることを意識し、
    人とのご縁を大事にする事務所に!
  • 司法書士を目指したきっかけを教えてください。
  • もともと大学の学部が法学部だったので漠然と法律関係の仕事で食べていければと思っていました。大学卒業後は一般の企業に勤めることになったんですが、本当にこの仕事を続けていってもいいのだろうかと感じ、一度会社をやめて、自分探し的なことをしながら今後どうしようかと考えていました。で、そうこうしているうちに土地家屋調査士を目指している友人に一緒に勉強をしようと誘われたことがきっかけで司法書士を目指すことになりました。
  • 開業前に市内の事務所に勤務されていましたが?
  • そもそも当初は即独する予定だったのですが、当時お金に余裕がない状態だったので知り合いの不動産屋でバイトをして、研修や開業の資金をと考えていたんです。ですがその話がなくなってしまい新しいバイト先を探していたところに、勤務が決まっていた同期が声をかけてくれたんです。どっちにしても配属研修を受けないといけないので研修がてらアルバイトのつもりで行ってみたら、よいご縁をいただいてそのまま勤務することになりました。非常によくしていただいて結局約7年勤めましたね。大変お世話になりました。
  • 開業されるにあたってご家族の反対はなかったのですか?
  • 親に関しては会社を辞める時もでしたが特になかったですね。うちの父が法学部卒ということもあり、司法書士という資格については知ってましたので理解はあったと思います。あと、妻とは学生時代からの付き合いなんですが反対は特にはなかったですね。ただ、「ちゃんとやりんさいよ。」とだけ言われました。(笑)
  • 開業してよかったことは?
  • 何といっても時間を自由に使えるということが最大のメリットですね。良くも悪くも自分の決定で動いていくのでそういう意味でやりがいがあります。あとは勤務時代だと来た仕事を自分はただ処理するだけだったんですが、今は「吉村さんじゃけぇ」ということで任せていただけるのでやっぱりそれが喜びですよね。
  • 開業されて苦労されたことは?
  • 勤務の時にはなかった、いろいろな方とのお付き合いが増えたことですかね。これは楽しみでもあり、学びも多いのですが、例えば商工会とか同友会などの会合等で時間を割かれることもあります。またお客さんから休みの日を希望されるとそれに合わせてあげたいと思うので休みがつぶれてしまうこともあります。そういう意味では家族に迷惑をかけているなと思っています。「時間はあるけど休みはない」といった状態でしょうか。
  • 開業地を選んだ理由について教えてください?
  • 私の場合は資格を志した時に開業時のスタートとしては自分を育ててくれた地元でという気持ちがありました。昔、私の祖父が今の場所で行政書士事務所を開いていたんですがそのスペースが空いていて、また生家であるということで家族のみんなが賛成してくれました。街中のほうがやりやすいところもあると思いますけれど、そもそも士業というものは地域のインフラであるべきだと思ってます。公益的な部分を意識してきちんと仕事をしないといけないということを含めて考えると、やはり地元に育ててもらったという思いもあるので、何らかの形で地域のみなさんに恩返しできたらと思っています。
  • 今回司法書士専用のシステムを導入していただきましたが…
  • 勤務時代から専用システムを使って仕事をしていましたので、効率的に仕事をするための業務をサポートをしてくれるという意味でのシステムの良さは感じていました。開業するにあたり今度は顧客の管理であったり、会計管理など経営的な観点からもやはりシステムでの管理が必要だろうと思いました。勤務時代の先生からも設備投資を惜しむと結局いろいろなロスになるということも学んだので開業と同時にシステムを導入することにしました。あと、リーガルさんのシステムにした理由は、今後少子高齢化や建物寿命が長くなっていることなどから新築よりもリフォームが増えていき、登記自体が減っていくと考えたときに、後見や裁判などの周辺業務にも力を入れていかなければと考えたからです。リーガルさんは早くからそういったところに目をつけていてソフトのラインナップも充実していて安心感がありますね。1年ほど使ってきましたがやはり導入してよかったですね。システム自体は安いということはないですが決して高くもない。十分元は取れそうです。
  • 開業されて1年と少したって順調に仕事も増えていっているようですが
    何か工夫されていることなどはありますか?
  • 工夫というわけではありませんが極力人とお会いするようにしていますね。基本的に太陽が出ている間は人と会って、それから事務所に戻って書類作成など事務処理をするといった感じでしょうか。あとは家族との時間を大事にするということですね。例えば夕食の時間等は一度自宅に戻って家族で食事をとったあと子供との時間を過ごし、その後事務所にまた戻って書き物をするといった感じです。そのような工夫をすることで、十分ではないかもしれませんが家族との時間を確保することができてます。家族と健康があっての仕事なので。結局それが仕事に影響しちゃいますからね。
  • これから開業される方へのメッセージをお願いします。
  • 士業はサービス業であると同時に社会のインフラでもあるのでそういったところを意識しながらお会いした人を大事にしていってもらいたいと思います。きちんと意識して仕事をしていけば徐々に軌道に乗っていくのかなと思います。司法書士研修でも決済の流れでは「人→物→金」というのを教えられたんじゃないかと思いますが事務所の運営や経営に関しても基本的には同じだと思います。出会いを大切にしながら地道にやっていってほしいと思います。


Page Top↑